肌の黄ぐすみが怖い…!どうやって元の肌に戻したらいいの?


そもそも黄ぐすみって何なの?

シミやシワ以外にも加齢で現れるのがくすみです。一言でくすみと言っても、実際には色々な色があるんですよ。青いくすみや茶色いくすみなど、色ごとに原因と対策法が異なるので、自分の顔に出ているくすみの正体をきちんと理解する所から始めてみましょう。顔全体を黄色っぽく見せてしまうタイプは、黄ぐすみと呼ばれています。黄ぐすみの原因は肌の糖化現象なので、普段から炭水化物やスイーツをたくさん食べている人は特になりやすいので気を付けてくださいね。糖質をたくさん摂取すると、血糖値が急に上昇しないようにインスリンを身体が分泌しますよね。この時、糖分はエネルギーとして消費されていきますが、その時に余った分が体内のたんぱく質と結びついてしまうと、AGEsという物質が増殖してしまうことに…。この物質のせいで、顔が黄色っぽくくすんでしまうんですね。肌の表面でも糖化は起こるので、ただくすみが進行するだけではなく、肌の乾燥も招きます。

黄ぐすみになるのは避けたい!

一番簡単なのは、食生活の見直しです。最近は糖質カットのスイーツも増えているので、甘いものを食べたい場合はこれに切り替えましょう。炭水化物中心の食事をしているなら、なるべく一緒に野菜を摂るようにしてください。喉が渇いた時に飲みたくなる人も多い清涼飲料水ですが、実は想像以上に糖分がたっぷり入っています。ミネラルウオーターやお茶などを飲むようにした方がいいですね。糖化を抑制するビタミンB1を摂れる食品を取り入れるのもオススメです。

品川美容外科の起訴について調べる