寒さや冷たさはお肌の大敵!寒さ対策で美肌を守ろう!


気温の低下や冷水が招く肌トラブルの詳細

肌トラブルの中でも、しもやけやあかぎれは肌が低温の環境に晒された時に発生するのが特徴です。一度発症すると同じ部分に繰り返し症状が出てしまうので治りが遅く、肌の角質化や色素沈着などの不具合に見舞われることもあります。
肌が低温に晒されると細胞が収縮し、弾力性が低下します。そのため、表皮が張った状態になりわずかな刺激で避けてしまいます。また、低温によって細胞の働きが鈍くなり、毛細血管が損傷して内出血や痒みが生じることもあります。低温による肌トラブルは症状が出ると温度を上げても治まらないので、発症しないように日頃から肌の状態に気を配ることが大切です。特に気温が低下する冬季は屋外に出ることで肌トラブルのリスクが向上するので入念なスキンケアが必要になります。

寒い季節に美肌を維持する工夫

寒い季節の肌トラブルを防ぐためには日頃からの適切なスキンケアが不可欠です。市販の保湿クリームや化粧水を肌に塗布することで低温による刺激を軽減出来る他、既にあかぎれやしもやけが生じている部分に皮膜を作って保護することが可能です。また、病院で処方される薬剤は治療効果が高いので肌トラブルの早期解消を図ることが出来ます。
肌トラブルは毎日の暮らしの中で、適度な栄養摂取を心がけることで回避することが可能です。肌の保湿性や弾力性を保つビタミン類を含む食品を摂取することが重要なポイントになります。冬季は果物を摂取することで、ビタミン類と水分を効率的に吸収することが出来るので、寒さから派生する肌トラブルの予防に繋がります。

品川美容外科の告訴について詳しく